How to use

シャンプー・トリートメントの使い方

How to use

シャンプー・トリートメントの使い方

美容師が教える理想の
cocochiiiest®︎ ココチスト
シャンプー・トリートメントの使い方

毎日の正しいお手入れが

髪を美しくするいちばんの近道です

>>>

すすぎ(予洗い)

すすぎ(予洗い)は丁寧に

お湯の温度は38度から40度くらいにします。
”髪を濡らす”というより”予洗いする”ことを意識して、丁寧にすすぎます。
はじめのすすぎで髪の汚れの7〜8割が落ちると言われています。

STEP
1

シャンプー

もこもこ泡は水分と空気

シャンプーを適量手に取り、手のひらで伸ばし軽く泡だててから頭皮と髪になじませます。手を頭に軽く添わせ、くるくると回し空気を含ませながら綺麗なもこもこ泡をつくります。
そして、指の腹で洗顔をするように頭皮を優しく洗います。
もこもこ泡をつくるコツは、水分と空気。適量のシャンプーと水分、そして空気を含ませることでもこもこ泡がつくれます。
※ヘアオイルやスタイリング剤がたくさんついている場合は、1度目のシャンプーでは泡が立ちにくいため、一度軽く流して2回目シャンプーで泡立てを行なってください。

STEP
2

すすぎ

シャンプーが頭皮に残らないように

もこもこ泡でも泡ぎれが良いところがこのシャンプーの特徴ですが、すすぎは頭皮から指を通しシャンプーが頭皮に残らないように丁寧にすすぎます。髪は濡れているときがいちばん傷みやすいため、もつれたり、引っ張ったりしないように注意しましょう。

STEP
3

トリートメント

髪の中間から毛先にしっかりと

トリートメントを適量手に取り、手のひらで伸ばしたら、すすぎ終わりの水分が髪に残っている状態で、髪の中間から毛先にかけて馴染ませていきます。均一に髪に馴染ませるために目の荒いコームで梳かすと効果的です。
馴染ませ終わったあと、”トゥルントゥルン”な手触りになっていれば良い状態です。
※頭皮について特に問題はありませんが、髪の中間から毛先の馴染ませることを意識してください。

STEP
4

すすぎ

適度に髪に残すことを意識して

”トゥルントゥルン”の手触りから、ツルツルした手触りに変化するまでシャワーで優しくすすぎます。ツルツルした手触りを通り過ぎるとシャンプー後の手触りに戻ってきますが、それは流し過ぎの状態です。
トリートメントは適量を髪に残し、ツルツルの状態にするようにしましょう。
※流し加減でしっとり感やツルツル感をある程度コントロールできるのでお好みに合わせてすすいでください。

STEP
5

タオルドライ・ヘアオイル

タオルドライした後にヘアオイルを

シャンプー、トリートメント後に、頭皮と髪をタオルでしっかりと水分を吸い取るように拭き取ります。このとき力加減に気を付け、力強く髪を擦ったり、引っ張ったりしないようにします。
しっかりタオルドライをした後に、オイルを適量かみになじませます。ショートからボブは1プッシュから2プッシュ、ミディアムからロングは2プッシュから3プッシュを目安にしてください。
髪に馴染ませたあとは、荒目のくしで根本から毛先へとかし髪全体に馴染ませてください。

STEP
6

ドライ

熱ダメージには気をつけて

オイルを髪全体に馴染ませた後、ドライヤーで頭皮と髪を乾かします。初めに根元(頭皮付近)から乾かし始め、乾いてきたら髪の中間から毛先を乾かしていきます。このとき注意したいのが熱ダメージ。自分で乾かしているとついつい「あつっ!」というところまでやりがちですが、それは熱ダメージしている可能性が高いです。できるだけ低温で乾かすようにしましょう。

STEP
7

ココチストオイルをお肌に使う場合

お肌に水分が残っている状態がおすすめ

お風呂を出てバスタオルで体の水分を拭き取ったあとのしっとりしている状態で、乾燥が気になるところにオイルを馴染ませると伸びがよく効果的です。
お気に入りの化粧水や保湿剤を付けたあとに重ねて使ってもらっても大丈夫です。無香料なのでお気に入りの香りの邪魔にもなりません。

STEP
1